日本語は出来て当たり前だと

英語を話せるようになりたいと思い、教室に通ったり、通信教育を受けたりするなど、何らかの英語教育(英会話、留学)を受けた経験のある人は多いことでしょう。 そんな、英語に関心のある人達には、とかくバイリンガルのように日本語でも英語でも流暢に話せるようになりたいと願う人も少なくありません。そんな親御さんの中には、自分の子どもにも本格的な英語教育(英会話、留学)を受けさせることを早くから計画されているケースもあるようです。 ところで、私たち一般の日本人は、子どもの頃から普通に日本語を使って育ってきました。学校では確かに「国語」という教科がありますが、国語の成績が悪かったとしても、通常は特別に意識することなく、誰でも当たり前に私たちの言語で話しています。熱湯に触った時は「熱い!」と叫びますし、人にぶつかったら思わず「あっすみません!」と発します。 私たちが当たり前に日本語で話せるようになっているのは、特別な会話の教育を受けたからではなく、この言葉に取り囲まれた文化圏で生活をしているからに他なりません。 したがって、私たちが日本人というアイデンティティを保ちながら、英語もまた同じような感覚で、身体の一部として身につけようとするのは、なかなか容易なことではありません。週に一度のレッスンを受けるだけでは、英語を理解できるようになったり、比較的話せるようになることはできても、身体の機能として、無意識に英語が飛び出してくる、というふうになるものではないでしょう。 しかしながら、日本で日常の生活を送りながら、身体の中に英語モードというチャンネルをつくり、育ててあげることは不可能ではありません。そのために、「勉強」としての英語ではなく、しっかりした英語教育(英会話、留学)の機会と出会うことができるならば幸福といえるでしょう。 私たちが日常使っている言語は、会話のレッスンを受けたり、ノートに書いて覚えたものではありません。挨拶をしたり他愛のない世間話をしたり、あるいは喧嘩や議論、デートといった社会的経験の中で、自然に身につけたものです。 英語の吸収も同じこと。それには、よき教育(英会話、留学)を受ける経験が近道なのです。

若い人の言葉の使い方は

バイリンガルを目指すためには、若い時からの訓練が必要とされるため、地道に英会話の基礎を学ぶことが何よりも重要です。例えば、最近の若い人の言葉の使い方については、以前よりも乱れていることが取り上げられていますが、語彙や文法を正しく覚えることが大きなテーマとしてみなされています。インターネット上では → 詳細は見出しを押して!

英語を使いこなしている人って 若い人の言葉の使い方は 言いたい事を言えるように覚えたい 海外での居住経験はやはり大きい

リツイートしてね

Twitter