母国語以外を話す人は

教育(英会話、留学)の目的は現地の言葉を覚えることですが、事前に学習していった方が効果が上がることもあります。日本にいながら外国人と会話するチャンスも多くありますし、インターネットを使えば生きた英語に触れることも出来ます。教育(英会話、留学)では学習するわけですから、外国人とコミュニケーションをとることを目指して行きます。こちらがつたない英語を話しても、英語を母国語とする人なら、ある程度は理解してくれます。文法的に間違っていてもいいわけです。英語と似た文法を持つヨーロッパ系の言語を話す人には、英語習得は簡単だと言えます。しかし日本語はかなり違いますので、その違いが英語習得の妨げになっています。教育(英会話、留学)の目的は英語の習得ですが、人によって目指すレベルが違います。そこそこ話せればいいと考えている人は、英語で話しながらも、頭の中では日本語で考えています。日本語で文章を作って、英語に変換して話しているわけです。それではスムーズな会話は望めませんし、間違いが入る可能性も大きくなります。教育(英会話、留学)によって、母国語と同じくらいの会話能力を求める人は、英語で考える習慣を付ける必要があります。学校英語などでよく言われることですが、英文の意味を理解するときに、文の後ろから前に戻って訳す人が大勢います。当然ネイティブスピーカーの人は文の頭から、流れに沿って意味をつかんでいます。それが会話です。いちいち訳して英語を話していたんでは、スムーズな会話は成り立ちません。ビジネスなどでも思わぬ支障が出るかもしれません。話し出す前に頭の中で考えているときから英語で考えている人は、会話もスムーズです。母国語ではないので、そこまで求めない人もいるでしょうが、母国語のように話せて悪いことはありません。その能力が、外国の文化を本当に理解する助けになってくれます。完璧に訳せない言葉も存在します。

英語を使いこなしている人って

これからは、英語を使いこなせる人が増えてきます。小学校も低学年からの授業を取り入れ、高校、大学受験でも英語は重要科目です。小さい頃からディズニー映画などで耳にする機会があり、今の子供たちはわりとすんなりと英会話教育を受け入れているのではないでしょうか。公立学校の教育(英会話、留学)では中学や高校でも、短期で留学できる機会もあり、日本に来ている外国人留学生などが → 詳細は見出しを押して!

英語を使いこなしている人って 若い人の言葉の使い方は 言いたい事を言えるように覚えたい 海外での居住経験はやはり大きい

リツイートしてね

Twitter